フルスタックエンジニアの話を一番笑ってはいけないのはそうじゃないエンジニアじゃなかろうか


「フルスタックエンジニア」という言葉が先日から話題になっている。バックエンド・フロントエンドの技術から、サーバサイドの技術まで一式を把握してサービスを運用するためのひと通りの技術を把握しているエンジニアのことを「フルスタックエンジニア」と呼ぶらしい。

議論の中心は「フルスタックエンジニア募集中」と何気なく言っているベンチャーの社長だったり、起業家候補だったり、採用担当だったりに集中している。彼らが求めているのは一人で全てをしきれる人であり、そういう人が居ることで何をするにしても技術的な不安を無くしたいという思いの表れかもしれない。はたまた、技術に対する投資の最小化ということを考えての発言かもしれない。

しかし、いざエンジニア本人のことを考えてみた時「フルスタックエンジニア」という言葉にはどういうインパクト、そしてその言葉が出てくる背景には何があるのかをもう一度考えなおす必要があるのではないだろうか。考察してみよう。 (さらに…)

続きを読む